【火災体験談】アパートの2階が火事に!そして、地面から火が噴いてパニック!

【火災体験談】アパートの2階が火事に!そして、地面から火が噴いてパニック! 体験・経験談
スポンサーリンク

皆さんは、火事を体験した事がありますか?自分は、もろにあります。職場があった建物自体の管理も行っていたので、火災発生後消防へ連絡や住民の避難誘導、1階が駐車場という事で車の退避などもしました。

そして、一番パニックになったのは、2階で火事が発生している状況で、1階の地面から火が噴いたこと。その時は、本当に意味が分からなく職場の人達と「えっ?何で地面から火が?わけわからん」「ヤバい、近くに車が止めてある!早く動かさないと。」と、このような状況に。

火事が発生した原因や地面から火が噴いた理由など、自分が体験した火災について話したい思います。

スポンサーリンク

鉄筋コンクリート造のアパートで火災が発生

鉄筋コンクリート造のアパートで火災が発生

今から20年程前、冬の夕方ごろに鉄筋コンクリート造5階建てのアパートで火災が発生しました。当時、職場がそのアパート1階部分の一部にあり、残りは駐車場という造りでした。2~5階部分は、住居という構成。

冬の夕方頃という事で辺りは薄暗い状況でしたが、その時は職場の窓から明るい物が見え気付きました。

あれ、ひょっとして火事?

すぐさま職場の外に出て上を見ると、2階住居のベランダに火の手が見えます。すぐに、火災報知器のボタンを押して、職場の人と住民の避難誘導にあたりました。消防にも連絡をしていたので、後は消防が来て何とかなるはず。

取り敢えず、鉄筋コンクリート造で火の手は2階なので、消防が来たら鎮火も早いと思っていた矢先でした。

1階の地面から何故か火が噴いた!

1階の地面から何故か火が噴いた!

この地面から火が噴いた事で、一気にパニックになりました。「どういうこと?」しかもその地面から火が噴いている側には、車が止めてありました。

車に引火したら大惨事になるので。幸い止めてあった車は、職場の車なので移動させる事は出来ましたが、もし、これが住民の車でその住民がいなかったら。

そうこうしているうちに消防車が到着し、消化にあたってくれてすぐに火事は鎮火しました。

火事の原因と地面から火が噴いた理由

火事の原因と地面から火が噴いた理由

消防車が来てからは、すぐに火事は鎮火して火事が起きた原因などを説明してくれました。火元はベランダに置いてあったゴミ袋。この中にタバコの吸い殻が入れてあり、きちんと消えていなかったためゴミ袋に入れてあったゴミが燃えたみたいです。

ただ、これだけでは無く冬という事で灯油が入ったポリタンクが隣には置いてあり、ゴミが燃え灯油入りのポリタンクに溶け、灯油に引火したみたいです。そして、ベランダに灯油入りのポリタンクがあった事が1階の地面から火が噴く現象へとつながります。

通常ベランダには、雨水が流れるように排水口が設けられており、雨水は排水口を伝わり竪樋を通じて雨水桝や集水桝へと流れていきます。まさにこの雨水を処理するための排水設備を伝って、1階の地面に設置してある集水桝まで灯油が流れ出した状況でした。

そして、ベランダで引火した灯油が排水設備を伝って集水桝まで到達し、地面から火が噴くという現象につながりました。

これは後から気付いた事ですが、通常室内で火事などで煙が発生すると、煙探知機が作動して自動で非常ベルが鳴るはずです。ただ、火災がベランダで起きた場合には、ベランダの窓でも空いていないと煙探知機は検知しないという事。

夏場であれば、ゴミ袋がベランダで燃えるボヤ程度で済んだかもしれませんが、時期が冬場と言う事で灯油入りのポリタンクが一緒に置いてあった偶然が重なり起きた火事でした。ベランダやタイル壁はススまみれで、ベランダに置いてあったエアコンの室外機も使えない状況でした。

まとめ

自分が20年以上前に体験した火事の話でした。いくら灯油のニオイが気になるからと言って、ベランダに灯油入りのポリタンクを置かない方がいいかもしれません。

後日談ですが、2階の火元になっていた部屋の住民は、火災保険の更新をしておらず多額の修理費を請求されていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました