鳥刺しって何?鶏肉を生で食べて本当に美味しいの?

鳥刺しって何?鶏肉を生で食べて本当に美味しいの? 料理・飲料・食事・食材
スポンサーリンク

鳥刺しと言う言葉を聞いて、ひょっとしたら「?」となる方も多いのでは。九州地方でも鹿児島や宮崎・大分の一部では、鶏肉を生で食べる文化があり、それが、鳥刺し(鶏のタタキ)という郷土料理になっています。

鹿児島や宮崎の一部では、鳥刺し専門店で売られているだけでは無く、スーパーでパックに入って販売されているのが普通の事で、自分が小さい時は家で親戚などが集まり宴会があると必ず鳥刺しが有り、たまにはご飯のおかずとして出てくる程ポピュラーな料理でもあります。

スポンサーリンク

鶏肉を生で食べる鳥刺しは大丈夫なのかという疑問

自分は、鳥刺し自体を食べてお腹を壊した事は一度もありません。家族や知人なども、鳥刺し自体を食べてそのような事になったという話を聞いた事もありません。

ただし、これは鹿児島独自の厳しい加工基準が設けられている事もあり、鶏肉加工業者の解体方法や鳥刺し提供店などが高い意識を持って、加工調理して提供されている事でほぼ食中毒が起こらないと言われています。

この事からも、他県でも鶏肉を生で食べても大丈夫かというと、絶対大丈夫とは言えないです。他県の鶏専門店等で提供されている鶏肉自体が、鹿児島で加工された物であれば、自分の場合安心して食べてしまうかもしれません。

鳥刺しは、完全に全て生では無く、鶏の皮目部分を軽く炙った形になっています。

鹿児島・宮崎だとスーパーで鳥刺し(鳥のタタキ)は簡単に手に入る

スーパーで鳥刺し(鳥のタタキ)は簡単に手に入る

これは、鹿児島で加工された鳥刺し(鶏のタタキ)で、スーパーで普通に販売されているものです。白身(むね身)と赤味(もも身)がワンセットになったパックで、ニンニクと醤油も入っているので、もくすぐに食べる事が出来ます。

加工業者自体も鹿児島県の業者で、自分的には非常に安心です。

スーパーで販売されている鳥刺し(鶏のタタキ)

手前が白身(むね身)で、奥が赤身(もも身)です。白身(むね身)の方は、身が柔らかく味が淡泊で女性や子供達が好んで食べる事が多いです。逆に、赤身(もも身)は歯ごたえがあり、噛めば噛む程うま味が出てきます。

自分の場合は、赤身(もも身)の方が好みで、2日1回は必ず鳥刺しを食べているほどの、鳥刺し大好き人間です。鳥刺しを酒の肴に...めちゃくちゃ美味しいですよ。

スーパーで売られている鳥刺し

このように、自分が好みの赤身(もも身)だけの形でも販売されています。これも先程と同じ加工業者なので、安心して食べる事が出来ます。一度、熊本の加工業者の鳥刺し(鶏のタタキ)を食べましたが、あれは自分が知っている鳥刺し(鶏のタタキ)では無かったです。

皮目を軽く炙って、その熱が身の方まで伝わり過ぎて、身が生では無く正直…おいしくないです。熱を加えるのなら、いっその事宮崎で有名なもも焼きの形にした方が美味しいです。

スーパーで販売されている鳥刺し(鶏のタタキ)

鳥刺し(鶏のタタキ)の赤身(もも身)の場合、多少厚めに切ってある方が歯ごたえをより味わえます。

鳥刺し専門店だと500円・1,000円単位で買える

鳥刺し専門店の鳥刺し

鳥刺し専門店で買う場合は、g単位でも注文出来ますが、500円や1,000円単位でも買えます。ちなみに写真の鳥刺しだと1,000円です。

スライスされた玉ねぎが、大量に盛ってあるのも特徴的です。この鳥刺しの盛った見た目から、「これあそこの鳥刺し屋じゃね?」って分かる程では。

鳥刺しの鳥皮

これは、鳥刺し専門店で買う事が出来る、鳥皮の部分です。軽く皮の表面だけが炙ってあるだけなので、焼き鳥の鳥皮とは違って鳥皮本来の味が楽しめます。

食感はコリコリとしていて、お酒好きにはたまらない珍味です。もちろん、自分も好きです。

鳥刺し(鶏のタタキ)の食べ方はニンニク醤油が鉄板

ニンニク醤油

鳥刺し(鶏のタタキ)の食べ方としては、ニンニク醤油に漬けて食べるのが鉄板です。

鳥刺し(鶏のタタキ)

また、鳥刺し(鶏のタタキ)には、スライスされた玉ねぎが添えられているのが普通で、鳥刺し(鶏のタタキ)とスライスされた玉ねぎを一緒に、ニンニク醤油に漬けて食べる。それだけで、食欲がそそられる一品です。

鳥刺し(鶏のタタキ)を鳥刺し専門店で多く入手した時は、我が家では完全にごはんのおかずになってしまいます。

翌日のおならが臭くなるのが、女性陣は気になるところみたいですが。

まとめ

鹿児島や宮崎・大分の一部には、鶏肉を生で食べる鳥刺し(鶏のタタキ)があります。是非、鹿児島や宮崎に旅行等で訪れた時には、是非、鳥刺し(鶏のタタキ)を食べてみて下さい。その美味しさにビックリすると思いますよ。

ただし、あくまでも生肉を食べるので、その日の体調が悪かったり、生肉を食べなれていない子供には食べさせる危険性も理解しておいた方がいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました