Amazonアソシエイトのリンクタイプレポートに空白表示が!PA-API v5の影響か?

Amazonアソシエイトのリンクタイプレポートに空白表示が!PA-API v5の影響か? Webサイト収益化
スポンサーリンク

Amazonが提供しているPA-API v4.0が2019年12月1日 2020年2月11日(延期になりました)から使用出来なくなるため、新バージョンのPA-API v5.0に対応したプラグインを導入し、今まで記事内に挿入していた広告を新しく導入したプラグインで作成された物に差し替えている途中です。

先月(2019年10月末頃)から順次記事内の広告を差し替えていってる途中なのですが、今現在もPA-API v4.0を使用したプラグインの広告と混在しているところです。

日々のAmazonアソシエイトの管理画面で売り上げ(紹介料)の確認を行っているのですが、リンクタイプレポート欄に空白が表示される事が多くなりました。2019年12月18日のレポートから「Product Advertising API GenNext」と表示されるようになりました。そこで、Amazonアソシエイトのリンクタイプレポートに空白表示される原因を調べてみました。

スポンサーリンク

PA-API v5.0に対応プラグイン導入直前のリンクタイプレポート

PA-API v5.0に対応プラグイン導入直前のリンクタイプレポート

2019年10月末頃からPA-API v5.0に対応したプラグインで作成した広告に差し替えていってる途中ですが、この頃からリンクタイプの欄に空白表示されるようになりました。

PA-APIを使用した広告リンクであれば、通常PA-APIの方にカウントされるのですが、PA-API v5.0を使用した広告リンク経由の場合は、現状だと空白表示になっているみたいです。

PA-API v4.0で作成した広告経由の場合は、PA-APIと表示されてクリック数や注文済み商品などがカウントされているみたいです。

PA-API表示 → PA-API v4.0 クリック数 3,753

空白表示 → PA-API v5.0 クリック数 371

PA-API v5.0で作成した広告リンクに差し替え途中のリンクタイプレポート

PA-API v5.0で作成した広告リンクに差し替え途中のリンクタイプレポート

2019年11月12日迄のAmazonアソシエイトのレポートですが、記事内に挿入していた広告をPA-API v5.0で作成した広告リンクに相当数差し替えた後のレポートです。

プラグインを使って簡単に広告作成する事が出来るようになっていますが、PA-API v5.0で作成した広告リンクに差し替えるのは面倒です。(11月30日迄に差し替えが終わらないといけないので、結構焦っています。)

PA-API表示 → PA-API v4.0 クリック数 229

空白表示 → PA-API v5.0 クリック数 1,455

このリンクタイプに表示される空白については、プラグイン作成者でも表示されているみたいなので、2019年12月1日からは正常表示されると思われます2019年12月18日のレポートから「Product Advertising API GenNext」と表示されるようになりました。

特に2019年11月30日までにリンクタイプの表示欄にPA-API(旧v4.0)が表示されている場合は、サイト内にまだPA-API V4.0で作成した広告リンクが残っている状態と言えるでしょう。

まとめ

Amazonアソシエイトのリンクタイプ欄に空白が表示されているのは、PA-API v5.0で作成した広告リンク経由のクリックなどの影響っぽいです。2019年12月1日2020年2月11日(延期になりました。)になったらPA-API v4.0が使用する事が出来なくなるので、リンクタイプ欄の表示が空白から正しい何かに変わるでしょう2019年12月18日のレポートから「Product Advertising API GenNext」と表示されるようになりました。

通常の商品リンクも、早くPA-API v5.0で作成した広告リンクに変えていかないといけませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました