カーテンやレースカーテンの洗濯方法!フックを外さないので簡単。干し方も簡単にできる!

カーテンやレースカーテンの洗濯方法!フックを外さないので簡単。干し方も簡単にできる! 家事に関する事

部屋のカーテンって、結構汚れているものです。

カーテンにはホコリや油汚れ、冬など外気温と室内の温度に差が出来ると発生する窓の結露が触れて、カビが発生してしまったりすることも。

実はカーテンやレースカーテンの素材によっては、自宅の洗濯機で丸洗いできるものも多いです。

ただ、取り外したカーテンやレースカーテンからフックを一々取り外すのが面倒で、その面倒から洗濯するのも躊躇している方も多いのでは。

もし、カーテンやレースカーテンを洗濯するさいにフックを取り外さなくても、自宅の洗濯機で洗えるならどうでしょうか。

そこで、カーテンやレースカーテンのフックを外さず洗濯する方法と干し方を解説します。

スポンサーリンク

まずはカーテン・レースカーテンが洗濯機で洗えるかチェック

カーテンやレースカーテンで使われている素材が、洗濯機で丸洗いできる素材かチェックする必要があります。

洗濯機使用が出来るかは、カーテン・レースカーテンに付いているタグ部分を見れば分かるかと。

使っているカーテン・レースカーテンが、洗濯機で洗えるタイプなら、お手軽に綺麗に出来ますね。

カーテン・レースカーテンからフックを外さずに洗濯機で洗う方法

使っているカーテンやレースカーテンが洗濯機で洗える素材であれば、あとは洗濯するさいに必要な物を用意しておくだけです。

カーテン・レースカーテンを洗濯機で洗うさいに用意する物
  • カーテン・レースカーテンが入る洗濯ネット(大きいサイズ)
  • 洗濯用洗剤

特別な物は必要ないですね。

大きいサイズの洗濯ネットが必要になってきますが、洗うカーテン・レースカーテンの数や洗濯機の容量(入る数)によって各家庭で変わってきます。

洗い終わったカーテンやレースカーテンは、最終的にカーテンレールに取り付けそのまま干す方法で乾かします。

窓ガラスなどが汚れていると、せっかく洗って綺麗になったカーテンやレースカーテンを干すさいに、触れて汚れてしまう可能性があるので、カーテン・レースカーテンを洗う前に「窓ガラスの掃除」をしておいた方がいいですね。

カーテンレールからカーテン・レースカーテンを取り外す

まずは洗濯するカーテンやレースカーテンをカーテンレールから取り外します。どちらも取り外すと、洗濯している間部屋の中が外から丸見え状態になってきます。

外からの視線が気になる場合、乾きやすいレースカーテンを先に洗い、その後厚い生地のカーテンを洗い干す方がいいのでは。

部屋が多く洗うカーテンやレースカーテンが多い場合には、1日で全て洗おうとすると洗濯機がフル回転でちょっとしたら、洗濯自体が終わらない可能性もあるので、その場合は2日に分けて洗うなどした方がいいでしょう。

カーテン・レースカーテンのフックが付いた部分を内側にして折りたたむ

カーテン・レースカーテンのフックが付いた部分を内側にして折りたたむ

まずは、カーテンやレースカーテンの長手の方から三つ折りにして折りたたみますが、カーテンやレーフックが付いている部分を一番内側になるように折りたたみます。

その後、短手方向を折りたたみます。まだ、洗濯ネットに入りきらない大きさなら、再度、洗濯ネットに入る大きさまで折りたたみます。

これだけで、洗濯機で洗濯するさいにフックが洗濯中にあちこちに動いてしまうことを、かなりの確率で防げます。

洗濯機で洗うさいには脱水時間を短めに

洗濯機で洗うさいには脱水時間を短めに

カーテンやレースカーテンを洗濯機で洗うさいに重要になってくるのは、脱水にかける時間です。

洗濯機の自動洗濯にまかせると脱水時間が長く、カーテンやレースカーテンを洗い終わったあと、シワが目立ってしまうことも多いです。

そこで、脱水時間を短く設定する方がいいでしょう。

カーテン・レースカーテンの脱水時間はどれ位がいいのか?
生地の薄いレースカーテンの場合なら1分の脱水でもいいですが、レースカーテンよりも生地が厚いカーテンの場合は長くて3分程度なら、気になるほどのシワは入らないことが多いです。

この脱水の部分に気を付けて洗えば、洗濯機でも十分にカーテンやレースカーテンが綺麗になりますよ。

洗ったカーテン・レースカーテンは付いていたカーテンレールに干すだけ

洗ったカーテン・レースカーテンは付いていたカーテンレールに干すだけ

洗ったカーテン・レースカーテンは、元々付いていたカーテンレールに吊り下げ干せばいいだけです。

洗ってついてしまった軽いシワは、干している間に徐々にカーテン・レースカーテンの自重で伸びていきます。

どうしても気になるなら、軽く手で伸ばしておくといいでしょう。

カーテン・レースカーテンを干している間は、窓ガラスとカーテンの間に湿気が溜まってしまうので、30分に一度くらい窓を開けて湿気を取り除くための換気をしてあげるといいです。(特に冬場の場合)

まとめ:カーテン・レースカーテンのフックを取り外さないので時短にもなる

今回、カーテン・レースカーテンのフックを取り外さない洗濯方法を解説しました。

洗濯後の干す場所も、元々付いているカーテンレールにそのまま取り付けるだけなので、乾いたらそのままでいいのは相当時短になるのでは。

一々、カーテンやレースカーテンからフックを取り外さないでいいので、洗濯機で洗う面倒さも解決しますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました