【セブンイレブン】「中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメン」の食レポ!

【セブンイレブン】「中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメン」の食レポ 料理・飲料・食事・食材

2021年10月に地域限定(北海道、東北、関東、甲信越、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州)販売されている、「中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメン」594円(税込)。

この「中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメン」豚骨醤油ベースのスープに、極太麵、存在感のあるチャーシューやボリューム満点のもやしが特長のコンビニラーメン。

さっそくセブンイレブン「中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメン」を購入したので、食レポしていきます

スポンサーリンク

「中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメン」の食レポ

「中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメン」の食レポ

「中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメン」を電子レンジで、既定時間温めます。

500Wだと7分30秒、1500Wで2分20秒。

結構、時間が掛かりますね。

「中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメン」の溶けた背脂

背脂ニンニクの塊が、電子レンジで温めることによって溶けています。

背脂ニンニクの量はもうしわけ程度に感じてしまいますが、しっかりスープに混ぜるとそれだけでコクと旨味がアップしますね。

「中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメン」の極太ワシワシ麺

「中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメン」の麺は、硬く太めのちぢれたワシワシ麺で、コンビニで販売されているこれらのラーメンの中でも独特の太麺は、特別な存在感があります。

麺の量は、200gと不満のない容量です。

「中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメン」のたっぷりもやし

もやしの量もたっぷり入っていて、ボリューム満点です。キャベツも少しだけ入っています。

なかなかのボリューム感なので、食べ終わるころには満腹になるのは間違い無いですね。

「中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメン」のスープ

「中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメン」のスープは豚骨醤油ベースで、甘味が若干ありながらも背脂ニンニクが加わることで、スープの旨味とコクを深めています。

当然、豚脂感が強いのであっさり味が好みの方には、受け入れがたいでしょうが。

逆に、背脂が好きには堪らないスープですね。

「中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメン」のチャーシュー

「中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメン」に入っているチャーシューは、ほんとにコンビニラーメンで食べることが出来るのか?と思えるほど、プルプルでジューシーな味わいのチャーシューです。

チャーシューの大きさも特筆すべきで、食べ応え十分なチャーシューです。

カロリーが811kcalで食塩相当量も7.4gとなかなか高いですが、そんなことを気にせず食べてみたいのが「中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメン」ですね。

「中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメン」の情報

「中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメン」の情報

「中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメン」は内容量662gで、そのうち麺が200gとなっています。

「中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメン」の原材料

「中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメン」の原材料

「中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメン」の栄養成分表示

「中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメン」の栄養成分表示
熱量811kcal
蛋白質40.1g
脂質35.4g
炭水化物90.8g(糖質 75.4g / 食物繊維 15.4g)
食塩相当量7.4g
▲1包装当り(推定値)

セブンイレブン公式サイト中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメン

まとめ:チャーシューや背脂ニンニクが美味さを増してるコンビニラーメン

2021年10月に地域限定(北海道、東北、関東、甲信越、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州)販売されている、「中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメン」594円(税込)。

豚骨醤油ベースのスープに、背脂ニンニクや存在感のあるチャーシュー、硬めで極太のワシワシ麺が食べ応えがあり、さらに、ボリューム満点のもやしでお腹が満たされるコンビニラーメンです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました