モーニング・ブレス?朝起きた時の強い口臭を改善する方法 !

モーニング・ブレス?朝起きた時の強い口臭を改善する方法 ! 臭い対策
スポンサーリンク

朝起きた時の強い口臭を、通称「モーニング・ブレス」と言います。夜寝ている間に口腔内の唾液が不足し、乾燥して強い口臭を発生させます。

そんな、朝起きた時の強い口臭「モーニング・ブレス」を改善する方法です。

スポンサーリンク

モーニング・ブレスとは

先程も述べましたが、朝起きた時の強い口臭の事です。一日の中でもっとも強い口臭が発生するのが、この朝起きた時です。

寝ている時に口の中の唾液が不足し、それが理由で口腔内が乾燥をする事により、細菌が活発に活動してガスを発生させます。

その事により、朝起きた時の口臭が臭う原因になります。

モーニング・ブレスを改善する方法

朝せっかくすがすがしく起きたのに、口の中がネバネバしている事はありませんか。そのような状態だと、口臭が強く発生しています。

そこで、非常に不快なモーニング・ブレスを改善する方法です。

歯磨きをする

歯磨きをする

朝起きた状態だと、口の中の細菌が多く繁殖している状態になっています。そこで、歯垢除去と同時にこの細菌を歯磨きで洗い落とすだけで、モーニング・ブレスを改善できます。

当たり前の事ですが、口臭予防には歯磨きは欠かせません。

夜寝る前にうがいをする

夜、食事をした後に歯磨きをするでしょうが、さらに、寝る直前にうがいをするだけでも朝起きた時の口のネバネバ感が少なくなります。

夜寝ている間に口の中が乾燥して、朝起きた時に口臭が発生するので少しでも口の中が湿った状態だと口臭が発生しにくくなります。

口呼吸から鼻呼吸へ改善させる

体型が肥満気味の人に多いのが、寝ている最中の口呼吸です。また、睡眠時無呼吸症候群などの場合も殆どが呼吸です。口呼吸を行うと、どうしても口の中が乾燥して、朝起きた時に口臭が強くなってしまいます。

そこで、口呼吸をして寝ている人は、なるべく鼻呼吸できるようにするだけでも、朝起きた時の不快なモーニング・ブレスを抑える事が出来るようになります。

そのためには、鼻の部分の鼻孔を広げるテープを貼ってみたり、口が開かないようにするテープが市販されているので、そのような物を使うの方法もあります。

寝るときはリラックスして寝る

ストレスを抱えたままだと、緊張した状態で唾液の分泌自体も抑えられてしまい、しいてはそれが口臭の原因になります。そこで、夜寝る前にリラックスした状態で眠りにつけるように軽く運動したり、ストレス発散したりしてから寝ると、モーニング・ブレスを抑える事が出来るでしょう。

口腔乾燥症の場合

最近、多くなってきているといわれている口腔乾燥症の方も、モーニング・ブレスが発生していると思います。

症状によっては治療が必要なので、早めに医療機関で受診したほうがいいでしょう。

まとめ

一日の中で一番口臭が強い、モーニング・ブレス。

改善方法としては、

  • 歯磨きをする
  • 寝る前にうがいをする
  • 口呼吸から鼻呼吸するようにする
  • ストレスを抱えたまま寝ない

上記内容を試してみて下さい。

モーニング・ブレスが抑えられて、すがすがしい朝を迎えられるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました